科長ブログ

どんぐり拾いと初等科祭

2017年11月29日

 1年生は、11月13日(月)の午前中にどんぐり拾いをしました。アカガシ、シラカシ、スダジイ、ピンオーク、マテバシイなどたくさんのどんぐりを拾うことができました。その拾ってきたどんぐりを使って、15日(水)の生活科の時間に「どんぐりのがくぶち」を作り、初等科祭(25日、26日)に展示しました。
 秋という季節を学ぶ良い学習になりました。

11月1 (200x150).jpg   11月2 (200x150).jpg

11月3 (200x150).jpg

学習院初等科創立140周年記念式典

2017年10月25日

 10月17日(火)は、学習院の開院記念日です。今年は、学習院初等科が東京にできて140年を迎えることを記念し、お祝いの会を開きました。正堂に全校児童が集まり、科長の話、院長先生のお祝いの言葉のあと140年の歴史を映像で振り返り、式典が無事終了しました。
 ただ、当初予定していた校庭での人文字作りは、雨のため順延しました。翌日は快晴のもと、全児童・教員が参加し、校庭に140の数字と校章を人文字で作り、空から撮影することができ、良い記念になったと思います。

10月1 (200x133).jpg   10月2 (200x133).jpg


10月3 (400x267).jpg


沼津海浜教育

2017年08月03日

 夏休み中の7月26日(水)から30日(日)にかけて、6年生は沼津海浜教育に参加しました。沼津では、明治45年に建てられた木造の宿舎に泊まります。夜は蚊帳を吊って眠り、日本家屋の良さを体感することができました。
 子どもたちは、多くの先生方や20歳代から60歳代の游泳会の助手さんに教えていただきながら、個々の泳力を伸ばしました。そして29日にそれぞれの泳力に応じて、2000m、1000m、500mの距離泳に参加し、参加者全員が完泳することができ、初等科時代のかけがえのない思い出になったと思います。

7月1 (200x150).jpg     7月2 (200x150).jpg

7月3 (200x150).jpg

唐招提寺

2017年06月23日

 6月6日(火)から9日(金)まで、6年生は奈良に行きました。
 初日に唐招提寺を拝観し、年に数日しか公開されない国宝「鑑真和上座像」を今年も特別拝観することができました。このお寺には「天平の甍」で有名な金堂、その中にある廬舎那仏座像をはじめとする国宝の仏像があり、これらを拝観できることは、とても貴重な体験です。また、日本一古いといわれる校倉造の経堂が間近に見られること、開山御廟の参拝の際に敷き詰められた見事な苔が見られることは、私にとって唐招提寺を訪れる楽しみの一つです。ただ、御影堂が改修工事のため、東山魁夷画伯の襖絵を見ることができなかったことは、残念でした。

2017-6月1 (200x150).jpg   2017-6月2 (200x150).jpg


地引網

2017年05月31日

 4年生は、5月24日から27日まで2泊3日で、館山に行きました。
初日の24日には、冨浦で昨年に引き続き地引網をしました。初めて地引網を体験する子も多くて、右の綱と左の綱を引く速さが違い、漁師さんから注意がありました。その後、右の子どもたちと左の子どもたちは、お互いに心を合わせて引くようになりました。30分ほど引くと網が引き上げられ、鯛や鯵などいろいろな魚が獲れ、想像していた以上の水揚げがありました。最終日の朝食のお味噌汁に獲った魚を入れていただき、みんなでおいしくいただきました。

5月1 (200x150).jpg   5月2-1 (200x150).jpg

始業式と入学式

2017年04月17日

 今年度の始業式と入学式は、曜日の関係で4月10日(月)同日開催となりました。これは、11年ぶりに珍しいことです。そのため、入学式は例年10時開始ですが、今年は30分遅らせ10時半開始としました。
 始業式の終了後、あまり時間がない中で、受付の準備や正堂の椅子の並び替えなどを行い、135名の新入生と保護者の方を無事お迎えすることができ、教職員一同ほっと胸をなでおろしました。
 満開に咲いた桜を見ながら、平成29年度が無事スタートできたことをうれしく思っています。

4月1 (200x133).jpg   4月2 (200x133).jpg
平成29年度1学期始業式          平成29年度入学式


4月3 (200x133).jpg
満開の桜をバックに集まった教職員

邦楽鑑賞会

2017年01月26日

 1月20日(金)6校時に邦楽鑑賞会が行われ、4年生から6年生が鑑賞しました。邦楽鑑賞会は、日本の伝統文化である①能、②お琴や三味線、③雅楽に親しむことを目的に毎年行われています。
 今年は、東京芸術大学音楽学部邦楽科の方々をお招きして、能を鑑賞しました。メンバーの中には、初等科卒業生もいたので、能について児童たちは親近感を持つことができました。
 使う楽器の説明や演目(「田村」「草紙洗小町」)の内容をわかりやすく説明していただき、鑑賞することができました。
 日本の室町時代から伝わる伝統文化を知り学んだことは、児童にとって日本人としてのアイデンティティを高めることができた時間となりました。

1月1 (200x133).jpg     1月2 (200x133).jpg